遺品整理の流れ

遺品整理の流れ

こちらでは、遺品整理の一連の流れについて説明しています。
不明点や気になる点がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

1.室内の確認と仕分け梱包
まず、室内の遺品の確認を行い、形見分け品と供養品、リサイクル品などを確認し、仕分け梱包いたします。同時に貴重品などの見落としが無いかを確認し、捜索とチェックを行います。
残った買取品(遺品)を全て分別しながら梱包していきます。
梱包が終わった遺品を屋外へ搬出していきます。

次へ

2.買取品の引き取り
買取品をトラックへ積み当社まで引き取ります。
※買い取れない遺品については、地域の廃棄物取引業者の手配を代行し、玄関先まで引き取りに来てもらいます。地元業者への手配は当社がすべて行います。

次へ

3.お部屋の清掃
搬出が終わり空になったお部屋を当社スタッフが清掃させて頂きます。
※搬出後、約20分前後で行える範囲、引渡し時に立ち会いができる程度です。

次へ

4.貴重品や写真、手紙等の確認
発見された貴重品や写真、手紙等は、ご依頼者にお渡しし、確認して頂きます。
・形見分けの配送先はご希望日(相談の上)に指定場所にお届け致します。

次へ

引き取った遺品のその後
引き取った遺品は、当社各センターにて仕分分別し、リサイクル原材料、リユース品として販売させて頂きます。その他、会社貢献の一環とし、衣類や布団、書類等をボランティア活動として、海外へ寄贈させて頂きます。
引き取り
※家電リサイクル品は(テレビ・冷蔵庫・洗濯機など)当社がA・Bグループ分けをし、リサイクル券を発行し、貼付後、各センターへ運搬します。控えの伝票は3年間当社にて現物保管を致します。
売れ残った遺品は、当社が廃棄料金を支払い、市町村のクリーンセンターへの搬入、もしくは、指定収集業者に引き取ってもらい適正に処理をしてもらいます。
各工場にて